INFORMATION

Swing ing x Karen Aoki スペシャル映像 Vol.2

17.10.20

 
ジャズメンも認めたストレスフリーな「Swing ing」シリーズ。
 
今回タイアップいただいた青木カレンさんと、バンドメンバー、ダンサーによる映像を一部公開。
バンドメンバー、ダンサーの皆様には「Swing ing」シリーズを提供させていただきました。 
 
魅力あふれる歌声とともに、ダイナミックな動きによる躍動感あふれるステージを、ぜひご覧ください。
 
 

記事URLページトップ

MULTI LIGHT DOWN

17.10.16

独自の特許技術で薄くて軽いダウンを実現。

レイヤードに対応する「MULTI LIGHT DOWN」。

 

sns-171016-001.jpg

 

ダウンをより自由に、より軽く、より暖かく。

 

ダウンジャケットやコートなどの厚手のアウターではなく、ライトなアイテムを重ね着して暖かさを調整するのが昨今のトレンド。そのためにオンワードが開発したのが、ADS(アドバンスド ダウン システム)です。これはオンワード独自のテープを使った新しい構造のことで、ダウンに採用しています。

特殊な構造によって生地の中を空気が循環し、空気量がアップするため生地が薄くても優れた保温性を発揮。羽毛がたくさんの空気を含むため、ふっくらと快適な着心地を楽しむことができます。また、一般的なダウンと比べて針穴が少ないため、羽毛が吹き出しにくくなっています。もちろんスタイルの自由度も高く、これまでにない薄くて軽いスタイリッシュなデザインも可能にしました。

 

アウターにもインナーにも活用できるマルチなダウン。

 

sns-171016-002.jpg

ADSを採用し、今季から新しく登場したのが「MULTI LIGHT DOWN」シリーズです。ADSの特徴を活かした、薄くて軽い重ね着しやすいダウンアイテムがラインナップ。秋から春先まで活用することができ、幅広いコーディネートを楽しむことができます。

まずおすすめしたいのはDICROSタフタブルゾンです。ADSによってステッチを縦のみにすることが可能となり、スタイリッシュなデザインに仕上がりました。撥水性に優れる高密度タフタをメイン素材に使っていますが、アウトドアやスポーツのイメージが強くなりすぎないように、衿や前立て、袖口などを同系色の異素材でコンビネーション。落ち着いた雰囲気とカジュアルなテイストを絶妙なバランスで取り入れています。一枚で羽織ってもサマになりますが、衿型をバンドカラーにするなど、インナーとしても着用しやすいようにディテールにも気を配りました。

 

sns-171016-003.jpg

縦ステッチが生地に表情を生み出すDICROSタフタブルゾン。

 

これまでダウンを着たことがない人でも抵抗なく着用できるのがポリエステルホームスパンブルゾンです。左腕にポケットの付いたフライトジャケットをモチーフにしていますが、ADSのおかげでグンとスマートなシルエットになりました。表地はツイードのように見えるポリエステルの生地を用い、軽いだけでなくウールに比べてお手入れも簡単。シックな印象のこれまでになかったブルゾンが完成しました。衿や袖口のリブはインナーとして活用しやすいようにコンパクトに。裾はリブではなくスピンドル仕様にしたことで、見た目もすっきりさせています。

 

sns-171016-004.jpg

シックな佇まいに適度なスポーティさを取り入れたポリエステルホームスパンブルゾン。

 

記事URLページトップ

DRIP FOR SMILE

17.10.05

老舗カフェのマスターと一緒に手がけた、

美味しいコーヒーに寄り添う「DRIP FOR SMILE」。

 

 

異業種のコラボレーションで着る人を笑顔に導く。

 

'90年代に起こったカフェブームの先駆けとして、'94年に神奈川県鎌倉にオープンした「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」。店名はフランソワ・トリュフォーの映画「日曜日が待ち遠しい!」の原題から取ったという、この店のマスターを務めるのが堀内隆志さんです。その後、ボサノヴァと出合ったことでブラジル音楽に傾倒し、心地よい音楽を楽しめる空間として“カフェ&ミュージック”というスタイルを確立。焙煎からドリップまでひとりでこなし、オープンして20年以上経った今もカフェ業界の先駆者として親しまれています。

一方で、これまでにコーヒーやカフェをテーマにしたCDの選曲やプロデュース、ラジオ番組のパーソナリティ、書籍の執筆など、幅広い活動を行ってきました。まさにカフェを基盤にしたさまざまなカルチャーを広めてきた張本人こそ、堀内さんというわけです。そんな堀内さんの半生をつづった自身の著書「鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事」の内容に23区オムが共感。さらに、シンガーソングライターの畠山美由紀さんのために書き下ろした「Drip for Smile」の歌詞の中に出てくる“目の前の君を笑顔にするのが僕の仕事さ”というフレーズに出合ったことで、堀内さんと23区オムとのコラボレーションが実現しました。

たとえ業種が違っても“お客様を笑顔にする新しい価値観”は生み出せるはず。そんな想いを込めて、コーヒーをテーマにした新しいコレクション「DRIP FOR SMILE」が誕生しました。快適なスペースとゆっくり流れる時間を楽しむカフェと、自分らしさを表現することのできるファッションによる、初めての試みにぜひご期待ください。

 

news-171005-01.jpg

カフェを軸にジャンルを超えたさまざまな活動を行っている堀内隆志さん。
 

news-171005-02.jpg

小町通りから一本入った場所にある「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」。

 

news-171005-03.jpg

長居したくなる心地よさが「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」の魅力。

 

 

思わず笑みがこぼれるユーモアあふれるコレクション。

 

「DRIP FOR SMILE」のテーマになったのは、コーヒーでリラックスするときにより気分を盛り上げてくれるアイテムであること。まず堀内さんからリクエストがあったのは、コーヒーをドリップする際のエプロンを中心としたコーディネートでした。「バリスタ用のエプロンって売ってないんです。」という堀内さんの一言を受けて、まずはエプロン作りからスタート。ハリのあるしっかりした厚みを持つコットンキャンバスを使い、大人の男性に似合うようにシンプルなデザイン。カッピングスプーンやペン、オーダー表を入れるためのポケットを備えるなど、機能性にもこだわりました。3色あるバリエーションの中のひとつは、コーヒー豆から抽出した染料で染色しているのが特徴です。

「DRIP FOR SMILE」のロゴが入ったTシャツにもやや厚手のコットンを使用。日常着として愛用できる飽きのこないデザインに仕上げました。こちらにもコーヒー染めのバリエーションを用意しています。他にも手間暇のかかる吊編み機で編んだスウェット地を用いた、ヴィンテージライクなスタンドジップのブルゾンや、スーピマコットンを使ったオックスフォードのボタンダウンシャツなどをラインナップ。いずれもバリスタ用のエプロンに違和感なく合わせることのできるベーシックなアイテムです。

 

news-171005-04.jpg

堀内さんからのアドバイスを取り入れて誕生したバリスタ用の機能的なエプロン。

 

news-171005-05.jpg

3色揃った半袖Tシャツ。左端のものがコーヒー染め。

 

次に堀内さんから上がった提案は、コーヒーを飲むときに気分を盛り上げるコーディネート。コーヒー好きが思わず手に取ってしまうユーモアのあるアイテムを中心に展開しています。イチオシは、ざっくりした風合いが暖かみを感じさせるノルディック風のローゲージニット。コーヒー豆から抽出されたコーヒーがカップに注がれるという、ドリップの様子を球芯柄で表現したユーモアあふれるニットです。同じデザインでフロントをジッパーで開けられるようにしたカウチンタイプもあります。

シンプルなクルーネックニットには、インターシャという編み方で「DRIP FOR SMILE」のロゴを入れました。一般的なジャカード織りと違って編み地が薄く仕上がるため、すっきりしたシルエットで着用することができます。“O”の文字はコーヒー豆を模したユニークなもの。この同じロゴを大きくプリントしたトートバッグも用意しました。厚手のキャンバスは使い込むほどにハリ感が薄れ、ソフトな風合いがアップ。手提げでも肩掛けでも使える、オールマイティなトートに仕上がりました。

 

news-171005-06.jpg

コーヒー好きにおすすめのローゲージニットはドリップした様子を表現。

 

news-171005-07.jpg

ロゴを編み込んでいるのにシルエットが美しいクルーネックニット。

 

news-171005-08.jpg

ユニークなロゴをプリントしたトートバッグは幅広いシーンで活躍。

 

 

 

「DRIP FOR SMILE」展開店舗

10月4日(水)~10月10日(火)大丸札幌店
10月11日(水)~10月24日(火) 名古屋三越栄
10月11日(水)〜10月17日(火) 博多阪急
10月11日(水)~10月17日(火) 近鉄百貨店和歌山店
10月24日(火)~10月31日(火) そごう広島店
11月8日(水)~11月14日(火) いよてつ高島屋
11月15日(水)~11月28日(火) 大阪タカシマヤ

 


 

特設ページも公開中です。ぜひご覧ください。

「DRIP FOR SMILE」コラボページはこちら

記事URLページトップ

23区HOMME×JAZZ「Swing ing」スタート!

17.09.29

ビジネスでもプライベートでも活躍する「Swing ing」。

動きやすさを兼ね備え、注目のジャズシーンともコラボレーション。

 

news-170929-1.jpg

 

クールビズやウォームビズをきっかけに、カジュアル化が進んだビジネスシーンにおける服装。加えてライフスタイルや働き方が多様化していく中で、動きやすくてストレスのないビジネスウェアが求められるようになりました。こうした背景のもとに誕生したのが「Swing ing」シリーズです。

アンコン仕立てのジャケットとセンタークリースの入ったパンツによるセットアップと、3種類の衿型をそろえたシャツをラインナップ。スマートで美しいシルエットと快適な着心地を兼ね備え、ビジネス向けのタイドアップだけでなく、プライベートの休日スタイルにも対応しています。その秘密はオリジナルで開発したジャージー生地。
ジャージー生地は伸縮性に優れることが特長ですが、型崩れしやすいという欠点も持っています。「Swing ing」シリーズのための生地は、国内最大の織物産地である尾州地方に伝わる特殊な編み方によって、編み物の伸びのよさと織物の仕立てのよさを両立。ストレッチ性を利かせながらも、ジャケットの肘部分やパンツの膝部分が伸びるようなことがなく、仕事着に相応しいたたずまいをキープします。

セットアップのためのシャツについても素材にこだわりました。江戸時代から続く播州地方の播州織をベースに、オリジナルのストレッチ生地を開発。油分を多く含むスーピマ(超長綿)を使い特殊加工を施すことで、ふくらみのあるソフトな風合いと滑らかな質感を実現しました。ややタイトフィットですが、アームホールの位置を工夫することで腕を動かしやすくし、美しいシルエットに仕立てました。

衿型はビジネス向けのボタンダウン、オンオフ両用のレギュラーカラー、カジュアル用のバンドカラーを用意。ボタンダウンはタックイン仕様にするなど、それぞれの着丈にも工夫を凝らしています。また、バンドカラーにはクレイジーパターンを、レギュラーカラーには畝の太さの異なる複数のストライプ生地を取り入れるなど、幅広い着こなしを楽しめる柄も用意しました。

 

快適な着心地の秘密は、生地づくりへのこだわり。

 

0701_28997.jpg

動きやすさと見た目の美しさを兼ね備えたジャケットとパンツ。

 

0701_28973.jpg

オリジナルで開発したソフトタッチでストレッチがきいたシャツ。

 

0701_28994.jpg

シャツはボタンダウンをはじめ、3種の衿型を用意。

 

 

ジャズメンも認めたストレスフリーな「Swing ing」シリーズ。
"楽器演奏中の激しい動きにも柔軟かつワンランク上の着心地。"

 

karen_band.jpg

ミュージシャンの演奏中って、想像以上に腕や肩が動くし、汗もかくんですけど、素材の柔らかさと心地良い伸縮性が、スーツを着るストレスをびっくりする程和らげてくれます。更に品のある生地が高級感を演出し、演奏のモチベーションを高めてくれている感じ。まさにSwing=グルーヴしてますねー。

Nori Shiota 塩田哲嗣(プロデューサー/ベース)

 

ビジネスではストレスフリーで動きやすく、プライベートではアクティブに出かけることのできる「Swing ing」シリーズ。その特性を活かして、日本のジャズシーンとコラボレーションを果たしました。そのお相手はジャズ・シンガーや、シンガーソングライターとして活躍されている青木カレンさんです。

2002年のデビュー以来ジャズ・クラブなどでライブをこなし、ラジオのパーソナリティとしても活躍。2012年には初のニューヨーク公演を果たしました。テレビドラマ・映画『昼顔』の挿入歌「Never Again」の作詞・歌唱でも話題になるなど、多彩な歌声が魅力。2017年9月に発表した最新アルバム『The Calling』では、ヴィンセント・ディジョージオ氏および、塩田哲嗣氏をプロデューサーに迎え、全楽曲の作詞・作曲にも挑戦しました。

そんなカレンさんのバンドメンバーとダンサー合計10名に「Swing ing」シリーズを提供。ライブではカレンさんの魅力あふれる歌声とともに、ダイナミックな動きによる躍動感あふれるステージを楽しむことができます。

 

 

青木カレンさん(ボーカル)、伊藤志宏さん(ピアノ)、石川周之介さん(サックス、フルート)3名によるスペシャルライブを開催。

2017年11月15日(水)、メロディライン(ザ・プリンス パークタワー東京1階)にて青木カレンさんのスペシャルライブを開催。10月23日まで対象店舗にて合計50,000円(税別)以上お買い上げの方に、抽選で30組60名様をご招待します。

 



<対象店舗>

・小田急百貨店新宿店 ・日本橋三越本店 ・そごう大宮店 ・京王百貨店新宿店 ・京急百貨店 ・八木橋百貨店 ・銀座三越 ・そごう横浜店 ・丸広百貨店川越店 ・日本橋タカシマヤ店 ・横浜タカシマヤ店 ・そごう千葉店 ・小田急百貨店町田店 ・東急百貨店たまプラーザ店 ・東武百貨店船橋店 ・東急百貨店吉祥寺店 ・マルイファミリー海老名店 ・阪急うめだ本店 ・東武百貨店池袋店 ・伊勢丹相模原店 ・西武池袋本店 ・伊勢丹浦和店 ・ONWARD CROSSET


 

特設ページも公開中です。ぜひご覧ください。

「Swing ing」特設ページはこちら

記事URLページトップ

Swing ing x Karen Aoki 特別インタビュー

17.09.28


この秋、スタートする「Swing ing」シリーズにてタイアップいただいた
青木カレンさんのインタビュー。

10月には「Swing ing」特設ページを公開いたします。お楽しみに。

記事URLページトップ

着るとSWINGしたくなる服

17.09.26

『着るとSWINGしたくなる服』がデビューしました。

伸縮性と着心地の軽さを徹底的に追求したアイテムです。

 

ジャケットやパンツは、単体でもセットアップでも使いやすいベーシックな印象。

news-170925-001.jpg

SWINGingジャケット 
¥46,000+税

SWINGingパンツ 
¥21,000+税

 

シャツはドレス~カジュアルまで、衿元で変化を楽しめるバリエーションが特徴。

news-170925-01.jpg

news-170925-02.jpg

 

SWINGingシャツ B.D 
¥18,000+税

SWINGingシャツ レギュラーカラー 
¥18,000+税

SWINGingシャツ レギュラーカラー 
¥18,000+税

SWINGingシャツ バンドカラー 
¥18,000+税

SWINGingシャツ バンドカラー 
¥18,000+税

 

あなたのライフスタイルに合った1着を見つけてください。

 

 

記事URLページトップ

「DRIP FOR SMILE」特設ページを開設

17.09.23

news-top.jpg

本日、「DRIP FOR SMILE」特設ページを公開いたしました。

第一弾は23区HOMMEと鎌倉にある人気カフェ「ヴィヴモン ディモンシュ」とのコラボページ。

 

コラボのいきさつや、こだわりの詰まったコラボ商品などをご紹介しております。

ぜひ、チェックしてください!

 

特設ページはこちら

記事URLページトップ

新構造のダウンアイテムをご紹介

17.09.12

onward-ads.jpg

オンワード樫山が独自の特殊テープをつかった新構造のダウンアイテムを発売いたします。

ダウンをより自由に、より軽く、より暖かくする新技術。(特許出願中)※一部商品を除く 

 
ぜひ店頭で体感してみてください。
 
 

詳しくはこちら

SHOP SEARCHはこちら

ONLINE STOREはこちら

記事URLページトップ

フランスBUGIS社とのコラボアイテム バスクシャツのご紹介

17.09.11

news-170911-1.jpg

 

フランスBUGIS社とのコラボアイテム。

独特なドライタッチが特徴の素材は、着込めば着込むほど『自分のモノ』になっていくバスクシャツを生み出しました。

フランスならではの色彩感覚と23区HOMMEのオリジナリティが融合した、一枚は持っていたいボーダーバスクシャツです。

 

BUGIS モックネックカットソーはこちら

BUGIS バスクシャツはこちら

BUGIS バスクプレーンはこちら

BUGIS バスクシャツ はこちら

 

公式ONLINE STORE
ONWARD CROSSETはこちら

記事URLページトップ

「DRIP FOR SMILE」START!!

17.09.01

news-170901.jpg

2017 A/W「DRIP FOR SMILE」がスタートしました。

 

『日曜日が待ち遠しい!』

——フランスの映画監督フランソワ・トリュフォーの作品の原題が店名の由来である“カフェ ヴィヴモン ディモンシュ”。

その名の通り、行くのが待ち遠しくなる、そんな鎌倉の人気カフェとのコラボが実現。

カフェブームが到来した90年代当時、カフェと音楽をからめた“coffee & music”スタイルの先駆けとして注目されました。

 

コラボ商品はオンワードクローゼットにて9月下旬発売予定です。

特設ページも近日公開いたします。お楽しみに。

記事URLページトップ

< OCTOBER 2017 >

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PAGETOP