FORMAL MIX/COUNTRY MIX

23区HOMME流にモダナイズしたフォーマルミックスとカントリーミックス

191001_STORY08_02.jpg

今シーズン、23区HOMMEが提案するジャケットやセットアップの着回しは3つのスタイルがあります。1つはモックロディというジャージーによるスポーツミックス。2つめは、別珍によるフォーマルミックス。そして、最後がミルドジャージーによるカントリーミックスです。このなかで特に力を入れているのが、フォーマルミックスとカントリーミックスという2つのスタイル。それぞれについて、デザイナーの小林圭介に話を聞きました。「2019年秋冬のテーマは、“エスプリ・フォー・ザ・マン”。フランス語のエスプリは英語でいうとスピリットですが、精神という意味に捉えるとちょっと違う。日本語の“粋”というニュアンスがぴったりなんじゃないかと思い、そんな“粋”という要素をどのようにすれば洋服で表現できるのかを考えてデザインしました」

191001_STORY08_03.jpg

メンズのテーラードでは、秋にはウインターコットンと呼ばれる綿を起毛させたものや、毛足の長い綿のものを着用する傾向にありますが、今回のフォーマルミックスで選んだのは別珍。「ウインターコットンのなかでも別珍にフォーカスを当てたのは、モールスキンだとラスティックな印象になってしまい、コーデュロイだとカントリーになってしまうため。エレガントで艶やかな生地といえば別珍で、今季のトレンドでもある注目の素材です」と、選んだ理由を話します。最も象徴的なイメージは、ネイビーのジャケットにデニムのシャツとパンツを合わせた故セルジュ・ゲーンズブールが好んだようなスタイル。そんな恰好をベースに別珍のセットアップを展開しています。

191001_STORY08_04.jpg

「実は別珍を選んだ理由はもうひとつあり、それはウールでは表現できないカラー。素材が持つ表現力は別珍でしかできないものなので、ネイビー、カーキ、ベージュ、ダルブルー、オレンジという5色を選んでいます」と、カラーバリエーションにもこだわりました。そして、一般的な別珍は30/1クラスのコットンが使われていますが、今回の別珍にはもう少し細番手の50/1の超長綿を使用。しなやかな肌触りが特徴で、ストレッチ性に優れた生地になっています。また、セットアップのパンツは2つのシルエットから選ぶことができ、細身のテーパードパンツとワイドパンツを用意しています。

191001_STORY08_05.jpg

さて、コーディネートにおけるエスプリとして注目してほしいのがディテールです。例えばジャケットのフラワーホールの糸と内側のパイピングのカラーを統一し、カーキの場合はイエローを指し色のように使用。「インナーにイエローのセーターを着てもいいし、靴下の色やベルトの色を合わせてもいい。タイドアップするにしても、イエローが使われているネクタイを合わせるなど、カラーをまとめやすいように提案しています」と、着回しのポイントを話します。同色のセットアップなら、例えばダルブルーのジャケットにブルーのシャツとオフホワイトのミドルゲージニットを合わせるなど、1つのセットアップに対してさまざまなコーディネートを楽しむことができます。

191001_STORY08_06.jpg

 

191001_STORY08_07.jpg

次のカントリーミックスについて、まずは素材について小林に聞いてみました。「秋の定番はツイードなどのクラシックなものになりますが、それだとカントリー色が強くなってしまいます。そこで選んだのが、ツイーディーな素材感に仕上げたソフトなジャージー。カントリーというとハリスツイードやコーデュロイを選ぶところを、ジャージーをミルドしてモダンなツィード感のある素材を選んだことが、23区HOMMEらしいところだと思います」と答えてくれました。フォーマルミックスと同様に、着回しのポイントはカラーの合わせ方。例えば、ジャケットの襟裏と内側のブランドネームの台座のカラーを統一し、これに合わせることでスニーカーやベルトなどをコーディネートしやすいように提案しています。

191001_STORY08_08.jpg

 

「おすすめの着回しは3つあり、1つはシャツにハイゲージニットをレイヤードし、チノパンを合わせるというジャケパンスタイル。2つめはセットアップにハイゲージのタートルネックセーターを合わせるという、23区HOMMEの中でも最もオーソドックスなスタイルです。そして、最後もセットアップで、ヘリンボーン柄を編み込んだモックネックのセーターをインナーに合わせた、最もカントリー色の強いコーディネート」と、幅広いコーディネートについて話してくれました。カントリーミックスでもセットアップのパンツは2つのシルエットを用意し、テーパードパンツと裾をリブにしたタイプから選ぶことができます。

191001_STORY08_09.jpg

ところで、23区HOMMEのほぼすべてのジャケットにはゴージマニュピレーションが使われています。これは両肩が胸よりも前に出ている日本人特有の前肩に合わせるために、最初から肩の部分に切り込みを入れてフィットさせるというオンワード樫山の特許技術。また、アームホール内側の縫い代をプレスで抑え込むことで、アームホールが脇に干渉しないようにつくられています。ほかにも、ジャージーを使ったジャケットは着心地が悪くならないように、アームホールの外周などをテープで保形し、生地が伸びない工夫を凝らしています。

191001_STORY08_10.jpg

今回はフォーマルミックスとカントリーミックスの着こなしの紹介ですが、目に見えないものづくりにこだわっている点も23区HOMMEの強み。コーディネートの楽しさとともに着心地などの機能的な要素もあわせて体験してください。

191001_STORY08_11.jpg

 

 

Jacket / JKNSKW0401 / ¥51,700(税込) ONLINE STORE

Jacket / JKNSKW0302 / ¥47,300(税込) ONLINE STORE

 

 

23区HOMMEが誕生したのは1995年。当時は、金曜の夜は街に遊びにいくことを意味する“花金”という言葉が流行し、金曜日はカジュアルな服装で出勤する新しい取り組み“カジュアルフライデー”が生まれた時代でした。このとき、23区HOMMEではセットアップの着こなしや、ジャケット単体での着用、ネクタイを外したスタイルなどを提案。なかでもジャケットにハイゲージのタートルネックセーターを合わせるコーディネートを得意としていました。2019年秋冬では、23区HOMMEのルーツともいえるジャケットやセットアップの着回しを現代的にアップデート。これまでにない新しいスタイルを紹介します。

ARCIVES

RELATED