WA.CLOTH Border T-Shirts/T-Shirts/Jacket

紙からつくられた天然素材で夏の暑さを乗り切る

高温多湿な日本の夏において、今や欠かせない存在と言えるのが機能性素材。そのほとんどはポリエステルを筆頭とした合成繊維によるものですが、23区HOMMEがあえて選んだのは天然素材を原料とする紙糸でつくられるWA.CLOTHでした。その理由を、デザイナーの片岡健二に聞いたところ、「綿や麻などの天然素材は、もともと優れた機能を持っていて、合繊は後から出てきたもの。便利だからといって安易に合繊に頼るのではなく、天然素材のよさ見直すべきじゃないかと思ったのです」という答えが返ってきました。

180529_23ku_homme-2538_final.jpg

実は23区HOMMEがWA.CLOTHを採用するのは今年で3シーズン目。そのきっかけは、繊維の展示会でWA.CLOTHでつくられたアウトドア用ソックスと出合ったことでした。蒸れにくくて防臭性に優れ、靴擦れしにくいWA.CLOTHは、何日も風呂に入らないこともある登山をする人にぴったり。片岡はそこに目を付けて、服への展開をスタートさせました。

180529_23ku_homme-2590_final.jpg

さて、WA.CLOTHはどのようにつくられているのでしょうか。開発を担当した三井物産アイ・ファッションの松岡行太氏に聞いてみました。「マニラ麻を溶かして紙にして、この紙にスリットを入れて細くします。どれだけ細くできるかで糸の番手が決まるわけですが、現状だと最も細くて0.8mmくらい。このスリットしたものを撚って紙糸にします」とのこと。この後、マニラ麻でできた紙糸だけで生地を織ることもあれば、紙糸にさまざまな機能を付与するために、綿やポリエステルといった別の糸と合撚して一本の糸にして生地を織ることもあります。また、紙糸、綿糸、ポリエステルの糸といった具合にそれぞれの糸を単体で使い生地にする方法もあります。WA.CLOTHとはこれらの生地の総称。用途に応じてたくさんのバリエーションがつくられています。

180529_23ku_homme-2593_final_b.jpg 180529_23ku_homme-2591_final.jpg

さまざまなシーンで重宝する高機能ジャケットが便利

今回、23区HOMMEが試みた生地は複数あり、どれも紙糸や綿糸などをそれぞれ単体で使って編立したもの。紙糸と他の繊維を合撚して一本の糸にする場合と比べると、より軽量で吸放湿性にも優れるのだそうです。例えば、WA.CLOTH Border T-Shirtsの生地は、紙糸、綿糸、ポリエステルの糸を使い、綿糸のところのみを染色してボーダー柄にしました。「実際に着用すると肌に当たる感覚がドライタッチで、一般的な綿のTシャツでは体験できない着心地。吸汗性が高いのは綿も同様ですが、こちらは乾くのが早くて型崩れもしにくいのが特徴です。この快適な着心地は、一度体験すると忘れられなくなるはず」と、片岡は胸を張ります。生地には凹凸感もあり、見たときの清涼感も追求。白に見える部分は実際には生成りっぽい色で、カジュアルなボーダー柄なのに大人っぽい雰囲気に仕上げています。

180529_23ku_homme-2564_final.jpg 180529_23ku_homme-2567_final_b.jpg

WA.CLOTH T-ShirtsとWA.CLOTH Jacketのハニカム状になった生地は、カラーをメランジ調に仕上げたダブルフェイス仕様。裏側にポリエステルの糸を使うことで、肌に対してチクチクしないすべりのいい生地に仕上げています。もちろん、メランジ調のカラーは涼しさを意識したもの。23区HOMMEのアイテムには、他の機能性素材を使ったものがたくさんありますが、軽量であることと、汗をかいた後の肌離れがよいことから、最近ではWA.CLOTHを使ったアイテムの人気がぐんぐん高まっているようです。

180529_23ku_homme-2574_final.jpg

ところで、今回のアイテムの中でもメインといえるのがWA.CLOTH Jacketです。クールビズを受けて、夏のオフィスではシャツ一枚で過ごすことが一般的になりましたが、このジャケットがあればレストランでの食事やお客さんとの商談時にも大活躍。テーラードジャケットだと固く暑苦しい雰囲気になりがちなところ、このアイテムなら涼しげな素材感と相まってごく自然に着用することができます。

180529_23ku_homme-2601_final.jpg 180529_23ku_homme-2562_final.jpg

片岡曰く、「着用しない際に手で持っていても軽く感じ汗ばむこともなく、例え鞄の中に収納してもシワになりにくいのも特徴。さらに自宅で水洗いができるので、洗濯した後にハンガーにかけて吊るしておくだけでOK」と、さらに魅力について話します。夏を快適に過ごすことのできる機能性素材はたくさんありますが、軽くて汗をかいたときの肌触りのよさはWA.CLOTHならではの大きなアドバンテージ。その優れた機能性を、天然素材で実現したことに大きな存在意義がありそうです。

180529_23ku_homme-2605_final.jpg 20180524_01.jpg Jacket / KKNSYM0501 / ¥24,000(税込) ONLINE STORE
T-shirt / KHNSYM0502 / ¥12,000(税込) ONLINE STORE
T-shirt / KHNSYM0507 / ¥12,000(税込) ONLINE STORE
Polo shirt / KHNSYM0506 / ¥14,000(税込) ONLINE STORE

WA.CLOTHとは、2015年に三井物産アイ・ファッションが開発した紙糸を使用した生地の総称。マニラ麻を原料とする紙糸からつくられ、いわば紙でできた生地といえます。天然素材のため環境に優しいだけでなく、さまざまな機能を持ちあわせているのが特徴。吸放湿性に優れ肌離れがよいため、汗をかいても蒸れを軽減し、糸の中に隙間を内包しているので夏は涼しく、冬は暖かさをキープします。さらに軽量であることに加えて、抗菌防臭性に優れ、紫外線吸収力も兼ね備えています。 製造工程における、紙を特殊な機械で細かくスリットする技術やスリットした紙から糸を撚る技術は日本ならではのもの。WA.CLOTHの“WA.”は“和”を由来としていることからも分かるように、WA.CLOTHは日本が世界に誇る技術によって誕生した生地なのです。

ARCIVES

RELATED